人生が変わるきっかけはすぐそこにある

映画、音楽、本、旅行などの感想等を中心に書きます。雑記ブログです。

映画鑑賞記「エルヴィス」

 

 

 

【作品情報】

原題:「エルヴィス」(原題:Elvis)

 

制作国:アメリカ合衆国

 

制作年:2022年

 

上映時間:159分

 

監督:バズ・ラーマン

 

脚本:バズ・ラーマン
   クレイグ・ピアース

 

出演者:オースティン・バトラー(エルヴィス・プレスリー

    トム・ハンクス(トム・パーカー大佐)

    オリヴィア・デヨング(プリシラプレスリー

    ケルヴィン・ハリソン・Jr(B.B.キング) 他

 

【あらすじ】

 ラスベガスはあるホテルのカジノにて、死を目前に向かえたトム・パーカー。彼は今は亡きロックンロールの大スター「エルヴィス・プレスリー」のマネージャーを務めた人物でした。彼は目を閉じてプレスリーの事を思い出します。

 時は1955年、パーカー大佐はハンク・スノウというカントリー歌手のマネージャーとしてツアーを回っていました。そんな中巡業先のメンフィスで彼はエルヴィス・プレスリーとの出会いを果たします。ラジオから流れてくる音楽、黒人が歌っているかに思われたその曲を歌っていたのがエルヴィス・プレスリーでした。

 パーカー大佐はさっそく彼のステージを見に行きます。プレスリーはピンク色のスーツに、化粧をしたやせっぽちの青年。演奏前に声は震え、客からやじられる始末でしたが、歌い始めると様子は一変。客席のティーンエイジャーたちは、年配の客を尻目に大興奮。これは金になると踏んだパーカー大佐は彼と組み、彼を世の中に出す決意をするのでした・・・

 


www.youtube.com

 

 

 


 

【感想】(ネタバレあり)

 1950年代から70年代にかけて活躍した「ロックンロールの帝王」ことエルヴィス・プレスリーの生涯を描いた作品です。プレスリー役を務めるのは新進気鋭の俳優オースティン・バトラー、悪徳マネージャーのパーカー大佐はトム・ハンクスが演じています。監督は「ムーラン・ルージュ(01年)」「華麗なるギャッツビー(13年)」などの作品を手掛けてきたバズ・ラーマン。オースティン・バトラーにとってこの作品は、今後彼の代表作にもなっていくんじゃないでしょうか。それくらい見事にエルヴィスを演じていました。

 プレスリーがスターとして駆け抜けたその人生を、年老いて死を迎える直前のパーカー大佐が回想する形でストーリーは進んでいきます。貧しかった少年時代、アメリカ南部の貧しい田舎町、そして見世物小屋、メンフィスの熱気。パーカ大佐のマネジメントの元、エルヴィス・プレスリーが何を思い、どんな人生を歩んだのかがよくわかりますね。僕自身、彼のレコードやCDはよく聞きますが、その生涯はあまりよく知りませんでした。エルヴィスがデビューした当時の世間の反応、当時のアメリカ南部の社会情勢、彼を取り巻くたくさんの人々に、色々な出来事。そういったことを理解するのにもいい作品なんじゃないかと思います。そしてエルヴィスは後世のミュージシャンにも多大な影響を与えています。

 

プレスリーの56年、デビューアルバム「エルヴィス・プレスリー登場」

Elvis Presley

ロンドンのパンクバンド「ザ・クラッシュ」のアルバム「ロンドン・コーリング」

London Calling

 

 エルヴィスがデビューした1950年代のアメリカ南部と言えばまだまだ人種差別の激しかった時代。そんな時代の中で黒人音楽のブルースや、リズム&ブルース、そして南部の白人音楽であるカントリーをルーツとしたものがロックンロールであると言われています。そしてロックンロールは主にラジオを通して、全米の若者に大流行していきました。そんな当時の様子は映画「アメリカン・グラフィティ」や「バック・トゥ・ザ・フューチャー」などでも描かれています。

 


www.youtube.com


www.youtube.com

 

 面白かったけど、個人的にはもっとライブのシーンや曲を入れてほしかったかな。オースティン・バトラーは見事にエルヴィスを演じていたし、ライブのシーンもかっこよかったけど、せっかくの映画の大画面で歌うシーンがもっと見たかったです。パーカー大佐がいったい何者であったのか、というのも最後まで語られませんでした。そこだけがちょっと残念だったかな・・・

 とはいってもアメリカや日本を始め世界中で愛され、「世界史上最も売れたアーティスト」であるエルヴィスの人生を垣間見ることのできる作品です。成功、苦悩、挫折、愛、別れ、ドラッグ、死・・・。159分と少し長めですが、どっぷりとエルヴィス・プレスリーに浸ってみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

映画鑑賞記「アルマゲドン」

 

アルマゲドン (字幕版)


【作品情報】

原題:「アルマゲドン」(原題:Armageddon)

 

制作国:アメリカ合衆国

 

制作年:1990年

 

上映時間:150分(ディレクターズカット版:153分)

 

監督:マイケル・ベイ

 

脚本:ジョナサン・ヘンズリー

   J・J・エイブラムス

 

出演者:ブルース・ウィリス(ハリー・スタンパー)

    ベン・アフレック(A・J・フロスト)

    リヴ・タイラー(グレース・スタンパー)

    ウィル・パットン(チックt・チャップル) 

    スティーヴ・ブシェミ(ロックハウンド) 他

    

 

【あらすじ】

 太古の昔、小惑星が地球に衝突した。その小惑星は、地球の王者として君臨していた恐竜を絶滅させ生態系を変えてしまった。「これはかつて起こったことだ。同じことはまた起こる。問題はいつ起きるかだ。」。ナレーションはそう語る。

 そして時代は流れ、時代は20世紀末。またしても小惑星が地球に衝突しようとしていた。NASAの宇宙飛行士が宇宙空間で人工衛星の修理をしているその時、小惑星の隕石が彼らに襲いかかった。宇宙飛行士は死亡し、スペースシャトルは破壊されてしまう。その隕石はその後、ニューヨークに降り注いぎ大きな被害が出てしまう。NASAはその時初めて、地球に小惑星が向かっていることを知ることになる。

 その後NASAの指揮官、トルーマンを筆頭に小惑星を破壊するための会議が開かれることになる。出された案はどれも現実不可能なものばかりであったが、ある一人の科学者が言う「爆竹を掌の上で爆発させてもやけどするだけ。しかし握りしめたこぶしの中で爆発させれば・・・」。そう、小惑星に穴を掘り、その内部で核爆弾を爆発させようというのである。そこでNASAが目に付けたのが石油掘削のスペシャリスト、ハリー・スタンパーであった。

 そしてハリーと彼の娘グレースの恋人AJ、そして部下のチック、ロックハウンドたちはNASAのこの計画に参加することになる。彼らはNASAで厳しい訓練を受け、スペースシャトルに乗り込み小惑星へと飛び立つのであった・・・

 


www.youtube.com

 

 

 

宇宙をテーマにして映画鑑賞記

hirochan-time.com

 

hirochan-time.com

 

【感想】(ネタバレあり)

 「ザ・ロック(96年)」や「パール・ハーバー(01年)」など、アクション・パニック映画の監督として知られるマイケル・ベイの監督作です。アメリカのロックバンド、エアロスミスの主題歌「ミス・ア・シング」はあまりにも有名。この映画のヒロイン、グレース役のリヴ・タイラーエアロスミスのボーカル、スティーヴン・タイラーの娘です。

 先日「午前十時の映画祭」にて鑑賞。僕はここのところ、宇宙を舞台にした映画やSFがお気に入りです。SFといっても数えきれないくらいの作品があるけれど、「アルマゲドン」は地球を救うヒーローたちにスポットが当てられていて、いかにもアメリカ色の強い娯楽作品ですね。

 ブルース・ウィリスがめちゃめちゃカッコいいですねー。90年代は「ダイ・ハード」シリーズや「パルプ・フィクション」なんかでノリにノッていた時期。この時期は強くかっこいい男の代名詞と言ったらブルース・ウィリスしかいないってくらいです。ラストで小惑星から娘に向かって「結婚式に出たかった」と語りかけるシーンは何回見ても泣いてしまいますね。

 僕的にこの作品で一番いいキャラなのが、スティーヴ・ブシェミ演じるロックハウンド。彼は秀才の地質学者で、かなりの女たらし。だいぶ狂ってるんですよ。初潮の来たグレースにタンポンの使い方を教えたり、大金を借りて、女に散財したり、小惑星でマシンガンをぶっ放したり。こういうちょっと狂った役をやらせたら天才的ですよね。「君もしかして未成年?」「地球の最後を特等席から眺めようぜー」「ちょっと悪ふざけしただけじゃないか」作中では数々の名言が飛び出します。こんな奴と宇宙なんて絶対一緒に行きたくないww。小惑星では、結局スペースシャトルに軟禁されて何もできなくなってしまうんですけどねww

 ちなみにこの映画では、科学的考察とか背景なんかは色々と無視されているみたいです。テキサス州ほどの大きさの小惑星が衝突18日前まで発見できないのはおかしいとか、小惑星を爆発させるための核爆弾の量がおかしいとか。

 でもそんなことを無視して、難しい事を考えずに見る事が出来る作品です。娯楽映画の王道ですね。まだ一度も見たことのない方はぜひ一度、見たことのある方はもう一回見てみてください。すっごく楽しめる作品ですよ。

 

関連作品

 

ディープ・インパクト (吹替版)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大雨による被害

皆さんおはようございます。

ヒロちゃんです。

世の中は今日から3連休ですね。

 

ですが、さっきニュースを見たら宮城県が大雨で大変になっているとのこと。

 

news.yahoo.co.jp

 

ここ数日全国で続いている大雨の影響で、日本各地で被害が起こっています。

少しでも被害が少なく、亡くなったりけがをしたりする方がいないことを祈るばかりです。

僕の住む静岡県でも明日にかけて大雨が降ることが予想されており、地元の消防団員である僕も、招集がかかる可能性があります。

 

とにかく大雨が降った際には、もしくは大雨が降ることが予想される場合には

 

・早めに避難の準備をする

・自分は大丈夫だと過信をしない

・川や畑の様子を見に行かない

・しっかりと情報収集をする

・何かあった際にはすぐ通報をする

 

news.yahoo.co.jp

 

これらの事を頭の片隅に置いておくだけでも被害にあう確率は下がります。

どうか無理をしないでほしいと思います。

 

コロナ、不景気、物価高、戦争、自然災害etc・・・

本当に朝から嫌になるニュースばかりですが。

1人でも多くの方が楽し夏を迎えられますように。

 

seashore during golden hour

 

ウォーキング日記 長野県須坂市「臥竜公園」

 皆さんこんばんは。

ヒロちゃんです。

僕は先日、仕事の出張で長野県須坂市に行ってきました。

出張は1泊2日。1日目は仕事が早めに終わったため、ウォーキングついでにビジネスホテルの近くの臥竜公園というところへ行ってきました。

 

www.suzaka-kankokyokai.jp


この日に宿泊したビジネスホテルはこちら↓↓

travel.rakuten.co.jp

 

ホテルは須坂駅の裏側、北東方向歩いて数分の距離です。駅前の繁華街の方へは駅の上にかかっている通路を通って抜ける事が出来ます。

夕方17時ごろ、ホテルにおいてあったパンフレットを見て「臥竜公園」を発見。須坂駅からは南東方向、歩いて20分ほどの距離です。

 

臥竜公園は長野県須坂市にある総合公園です。この公園は日本初の林学博士本多静六が設計した公園で、園内には博物館、動物園などもあります。日本の桜名所100戦にも選ばれているようです。

 

www.sakuranokai.or.jp

 

園内動物園の手前にあった「よろこびの歌像」です。

f:id:castlerockderry:20220712223903j:image

 

竜ヶ池に浮かぶ弁天島へ続く「弁天橋」です。

f:id:castlerockderry:20220712223827j:image

 

お賽銭を投げてお参りをしてきました。

f:id:castlerockderry:20220712223822j:image

 

竜ヶ池を取り囲むように整備されている、ウォーキングコースです。山を登るのはとてもきつかったです。ここを登っていくと須田城跡がありました。

僕が汗をかいていたため、蚊がいっぱい寄ってきました。

f:id:castlerockderry:20220712223919j:image

 

山の上から見渡す、須坂市内です。写真奥に見えるのが千曲川です。

眺めと空気がとても気持ち良かった!!

f:id:castlerockderry:20220712223846j:image

 

山の上から見渡す公園内。池の中に浮かんでいるのが「弁天島」です。

f:id:castlerockderry:20220712223912j:image

 

須田城跡。

f:id:castlerockderry:20220712223857j:image

 

春になると、池の周囲には桜が咲き乱れるそうです。落ち着いた雰囲気で散歩やウォーキングにはもってこいです。

f:id:castlerockderry:20220712223924j:image

 

f:id:castlerockderry:20220712223907j:image

 

 

 

公園に訪れたのは17時過ぎで、地元の人が散策していたり犬の散歩をしていたりと、とてもゆったりとした時間が流れていました。

いつか春に桜が咲いているときに来てみたいですね。また、出張先で行けるところにはいろいろ行ってみようと思います。

毎日暗いニュースばかりで、少し気分も沈んでいましたがちょっとだけリフレッシュっ出来ました。

ではでは。

 

 

 

 

 

日本の歴史に残る悲しい日

本日、令和4年7月8日。

 

安倍晋三元首相が享年67年にてご逝去されました。

 

謹んでお悔やみ申し上げます。

 

これが現代の日本で起こってもいいことなのか。

 

選挙の演説中に、市民が詰めかける中で銃を発砲する?

 

気に入らない政治家を殺してしまう?

 

そんなことがあっていいわけないでしょう。

 

私たちの暮らす日本は民主主義の国です。

 

多様な意見や、生き方が認められるべき国です。

 

そして日本は未だに人口1億人を有する経済大国、先進国です。

 

G7を構成するアジアの1国です。

 

例えそうでなくとも、意見の相違や政治信条の違いを理由に人の命を奪っていいわけがありません。

 

先に断っておきますが、僕は故安倍晋三氏の支持者ではありません。

 

数々の問題点もありました。

 

しかし、この厳しい時代の中で日本のために命を懸けてくれたことは間違いありません。

 

今回の事件で犯人に対する怒りももちろんありますが。

 

僕が一番腹が立つのはマスコミの報道姿勢。

 

今日の病院での記者会見でも、マスコミのデリカシーのなさ、レベルの低さには辟易しました。

 

何度も繰り返される同じ質問、関係のない話や、今するべきでない話。

 

そう思った人も多いはず。

 

マスゴミ?言われて当然でしょう。

 

しっかりとした使命感を持って仕事をしてくださる方や、携わってくれる報道関係者がいるのも十分に承知しています。

 

でも、それにしてもひどすぎる。

 

全世界に恥をさらしているのと同じじゃないですか?

 

一般人の、安倍氏に特に思い入れのない僕ですらそう思うんですから。

 

一人の人間が亡くなっているんですよ?

 

みんなで頑張って日本をよくしていこうとは思いませんか?

 

揚げ足取りや、偏向報道にはうんざりです。

 

参院選挙は明後日の10日。

 

明日は選挙運動も行うそうです。

 

皆さん投票に行きましょう。

 

自分がいいと思った、信頼できると思った政治家、政党に投票しましょう。

 

他人事ではないんです。

 

暗いニュースばかりの日々ですが、明日は少しでも皆さんにいいことがありますように。

 

少しでも私たちの暮らす日本がいい方向に向かうことを望みます。

 

お休みなさい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素晴らしき映画音楽「STAND BY ME」

皆さんこんばんは、ヒロちゃんです。

今日は七夕ですね。

離れ離れになってしまった織姫と彦星が年に一度会うことを許される日です。

残念ながら、僕の住む静岡県東部地方は曇り空。

皆さんのところからは、星空が見えていますか?

 

さて、今日はそんな夜におすすめCDの紹介です。

1986年公開のアメリカ映画「スタンド・バイ・ミー」のサウンドトラック!!「STAND BY ME」

監督はロブ・ライナー、出演はウィル・ウィートン、リヴァー・フェニックス他。言わずと知れた青春映画の名作で、スティーヴン・キングの中編小説「The Body」が原作です。

ストーリーは1960年代のアメリカの田舎町キャッスルロックが舞台。12歳のゴーディは兄を事故で亡くしたばかり。憂鬱な夏の日々を送っていました。彼の仲間たち、クリス、テディ、バーンはそれぞれが家庭に問題を抱えています。その夏休みのある日、彼ら4人はレイ・ブラワーという行方不明になった少年を探すために、森の中へ旅に出かけていきます。

少年たちのひと夏の成長を描いた、青春映画の金字塔です。かなり有名な映画なので見たことがある人も多いと思います。

そしてこの映画のメインテーマ曲として使われているのが

「STAND BY ME」

です。

アメリカのシンガーソングライター、ベン・E・キング、ジェリー・リーバー、マイク・ストーラー共作の楽曲です。製作は1961年、こちらの曲も数多くのミュージシャンにカバーされています。

 

動画と歌詞はこちら↓↓

 


www.youtube.com

 

When the night has come
夜が来て
and the land is dark
辺りが暗闇に包まれた時
And the moon is the only light
will see

闇夜を照らす月の明かりだけが
見えるだろう
No, I won’t be afraid, oh I won’t be afraid
僕は恐れない、僕は恐れないよ
Just as long as you stand,
Stand by me
君が側で支えてくれる限り

So darling, darling stand by me
だからダーリン、ダーリン、側にいて
Oh, Stand by me
支えて欲しい
Oh, Stand, Stand by me
側にいて
Stand by me
支えて欲しい

If the sky that we look upon should
tumble and fall

もし僕たちが見上げている空が
転げ落ちてきたら
Or the mountain should crumble to
the sea

あの山が崩れて海になったら
I won’t cry, I won’t cry, no, I won’t
shed a tear

僕は泣かない、泣かないよ
涙は流さないから
Just as long as you stand,
Stand by me

君が側で支えてくれる限り

And darling, darling stand by me
そうダーリン、ダーリン、側にいて
Oh, Stand by me
支えて欲しい
Oh, Stand, Stand by me
側にいて
Stand by me
支えて欲しい

Darling, darling stand by me
ダーリン、ダーリン、側にいて
Oh, Stand by me
支えて欲しい
Oh, Stand, Stand by me
側にいて
Stand by me
支えて欲しい

Whenever you’re in trouble won’t you
stand by me?

君が困っている時はいつでも、
側いて欲しいだろ?
Oh, stand by me
側にいて
Whoa, just stand now, oh, stand
さあ、側にいて

引用:歌詞 Stand By Meより
和訳 ふうでごう

(https://fudego.net/stand-by-me-ben-e-king/ 風を感じて一人歩き より引用)

 

ベン・E・キングは1938年生まれのアメリカのシンガーソングライター。コーラスグループ「ドリフターズ」のボーカルとして知られています。ダーリンダーリン側にいてって、すごく頭に残るフレーズですね。彼の優しくも張りのある声がとても胸に響きます。

 

このアルバムには映画挿入として使用された、当時のロックンロールやアメリカンポップスの流行曲が全10曲収録されています。バディ・ホリーの「エブリデイ」やコーデッツの「ロリポップ」、ジェリー・リー・ルイスの「火の玉ロック」など、どれも古さを感じさせないいい曲ばかりです。

 


www.youtube.com

 


www.youtube.com

 

映画もいいですが、僕はこのサントラは本当にお気に入りの1枚ですね。何より楽しい楽曲ばかりで、自然と口ずさんでしまえます。

「スタンドバイミー」と映画が好きな方、ぜひこのサントラも手に取ってみてくださいね。きっと手放せなくなるようなサントラだと思いますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウォーキングについて

こんばんは、ヒロちゃんです。

連日暑い日が続きますね。

台風に大雨、それに猛暑。

こんな日々の中、体調を崩さずに過ごすのはなかなか大変なものです。

 

さて、僕は毎日ウォーキングすることを日課にしています。

距離でいうと5km~8kmくらいかな?

時間にすると1時間前後くらいといったところでしょうか。

 

 

僕は自分でいうのもなんですが昔から痩せ型体系なんです。

食べても太らない、太れない。

筋トレをしても筋肉の付きづらい体質でした。

 

ところがここ数年、お腹の肉が気になり始めました。

足や腕はそのままなんですが、お腹の脂肪が結構分かるようになってきちゃいまして。

痩せてると、特に目立つんですよね。

スキニーのジーンズが好きで、小さめのTシャツもよく着るので余計にね。

30代を迎えて、体質も少しずつ変化してきたのかな。

というより毎日ビールも飲んでましたし、ラーメンや焼き肉も好きなんで、当然と言えば当然なんでしょうけどね。

 

 

というわけで始めたのがウォーキングだったわけです。

いきなりランニングをするのもきつい。

かといって、ジムに通うのも二の足を踏んじゃって。

最初は軽い気持ちで始めたんです。

いつまで続くかなぁなんて、自分でも思ってたんですけど。

やり始めてみるとこれがね、

 

「ウォーキングってすごく気持ちいい!!」

 

という事に気づいてしまったんです。

今は毎日とは言いませんが、できる限りは歩くようにしています。

 


www.youtube.com

 

僕が考えるウォーキングのうれしいメリット

①お金がかからない

これは何よりもうれしいですね。なんといっても経費は0円!着るものも靴も家にあるものでいいんです。下記で紹介しますが、スマホを持っていくための、アームバンドだけは買いました。これはあるとすごく便利だと思います。

有酸素運動による脂肪燃焼効果、ダイエット効果

ウォーキングは全身を使う有酸素運動なので、足をはじめとした下半身だけでなく全身の脂肪燃焼効果、ダイエット効果が期待できます。ポイントは背筋を伸ばした、正しい姿勢で、腕をしっかり振って、腹筋を意識して歩くことです。

③便通がよくなる

腹筋が刺激されることによって、便を押し出す腸腰筋が鍛えられます。便秘予防には1日5000歩程度がよいとされるようです。

④気分転換になる

僕にとっての思いもよらない効果がこれでした。とにかく気分転換になります。朝だったら空気や音も気持ちいいので僕は何も聞かずに歩きます。夜は音楽を聴きながら歩くことが多いですね。歩いて汗をかくとすごくすっきりします。考え事をするにもちょうどいいです。

⑤いろいろな発見がある

僕は川沿いの道→街の中→神社でお参り→川沿いを歩いて帰宅というコースが多いのですが、今の時期だと近所では夏祭りに向けてお囃子の練習をしているのが目に留まります。春だと神社の境内に咲く桜とか。冬だと星がきれいだなとか。街中を歩くと新しい店を発見したりとか。今日は来る参院選にむけて、候補者が演説を行っていました。

 

とまあ、ウォーキングをすることによって得られる効果やメリットはたくさんあります。なんとなく始めた僕ですが、今でやめられない日課となっています。

 

ウォーキングでの愛用品

 

 

 

たかがウォーキング、されどウォーキング。

1日5分でも10分でもいいと思います(いきなり1時間とかを目標にすると続きませんしね)。

毎日、少しでも歩くと本当に気持ちがリフレッシュ出来て気分もよくなると思いますよ。気の乗らないときは、無理しなくてもいいと思いますし。夏なら日中は避け、早朝や夜に(安全には気を付けて)歩いてみてください。

結構楽しめるものですよ。

 

ウォーキングで聞くオススメのYOUTUBE


www.youtube.com

 


www.youtube.com

 


www.youtube.com